Discord

今一番アツいコミュニケーションツール「Discord」の紹介

なぜか一般企業・ベンチャー企業では「Slack」が人気です。
なぜか仮想通貨コミュニティでは「Telegram」が人気です。

SKYPE…?そんなのもありましたね。

しかしボクはDiscordをイチオシします。今回はDiscordがグループコミュニケーションツールとしていかに優れているかを説明します。

Discordの解説

Discordとは?

Discordは柔軟なコミュニティ管理ができるボイス&テキストチャットアプリです。パソコン・スマホに対応しておりブラウザ版もあります。

元々ゲーマー向けではありましたが今では仮想通貨のコミュニティなどジャンルを問わず使われています。

分かりやすく構成されたUI

参考:Telegram

Telegramはおそらく仮想通貨では一番使われているメッセージングアプリです。Discordに比べるととてもシンプルな印象でチャットの機能に特化しています。多くの人に一斉にファイル送信やメッセージを告知したい場合にはこちらのほうが向いてるでしょう。残念ながら日本語化はされていません。

参考:Slack(仕事で使ってるので公式イメージで失礼)

Slackはビジネス・仕事でよく使われています。チーム・1対1のどちらでもスムーズにメッセージ・通話のコミュニケーションが可能で、他の業務アプリケーションとの連携もできます。プロジェクトごとにプロフィールを分けて入室できるのも良いですね。日本語化もされてます。

Discordはこれらのアプリケーションと比べるとプライベート用であったりフランクな距離でユーザーと接するのに向いてるコミュニケーションツールでしょう。

SKYPEとの比較

最初にSKYPEが出てきたときは無料で通話ができる革命的なツールでした。

しかし、現状では1対1でのコミュニケーションしかしないという方でなければDiscordの方が優れていると言えるでしょう。

その理由はSKYPEが相手ごとに会話(部屋)が作られるのに対して、Discordがサーバー・チャンネルで対応することができるためです。

例えば下記5パターンの会話・グループをつくりたいとします。

  1. 自分-A の1対1
  2. 自分-B の1対1
  3. 自分-C の1対1
  4. 自分・A・B のグループ
  5. 自分・A・B・C のグループ


それぞれをSKYPEでつくった場合とDiscordでつくった場合が下記のイメージです。

左がSKYPEでつくった場合です。SKYPEでは人ごと・グループごとに参加する人を選ぶ必要があるため、会話欄が増えて収集がつかなくなってしまいがちです。

一方で右がDiscordです。Discordは1対1の会話は全てDMという形で集約されます。そしてグループ会話はサーバー・チャンネルで対応できます。上の例では1つのサーバーに「自分・A・B・C」というチャンネルと「自分・A・B」という鍵付きチャンネルをつくりました。

これによってDiscordでは柔軟にコミュニティをつくることが可能です。

例えば下記は仮想通貨NANJCOINのサーバーで、スポーツに関するチャンネルです。

SKYPEなら10個のグループをつくって、参加したい人がいたらそのたびに招待して追加という作業が必要でしたが、Discordならサーバー管理人がチャンネルを建てるだけで入りたい人が随時入るだけです。

他にも鉄道ファンというサーバーの中で撮り鉄・乗り鉄・イラストというチャンネルをつくったり色々な活用法が考えられますね。


Discordの詳細解説

ユーザー権限の設定

Discordではユーザーごとに柔軟に権限を設定することができます。

上の例では通常ユーザー以外に運営スタッフ、開発者、アドバイザーという権限を設定しています。これによって不特定多数が参加しても運営を見分けられたり、24時間管理者がいなくても複数ユーザーに運営を任せることができます。

もちろん権限ごとに鍵付きチャンネル参加の可否、投稿削除の可否、チャンネル作成の可否など細かく設定できます。

チャンネルに鍵をかける

上で話したようにDiscordではチャンネルに鍵をかけることができます。

上のイメージではgeneral-voice(一般通話)だけ全員に開放して、他のボイスチャンネルに鍵をかけています。これによって「開発者だけ」や「管理者だけ」といったユーザーの権限に合わせたチャンネル開放ができます。

ボイスチャンネルの作成

SKYPEではグループでの通話はそのたびに「通話を発信する」「通話を切る」という作業が必要で、通話を発信した人(ホスト)が通話を切る場合にはそのたびに違うホストがかけ直すという作業も必要でした。
おまけに通話に出られなくても不在着信がそのたびに鳴るのでとても煩わしかったです(ある意味懐かしい)

しかしDiscordではボイスチャンネルをつくれば参加したい人が参加し、抜けたいときはその人が抜けるだけでOKです。

下記イメージではカテゴリごとにボイスチャンネルをつくっています。

これで不毛な通話の発信、たびたびの不在着信に悩まされることもありません。

サーバーへのBOTの追加

DiscordではサーバーにBOTを追加して色々な機能を実装できます。

ボクがつくっているサーバーでもMEE6と呼ばれるレベルBOTを導入しています。これはチャットをするごとにレベルが上がるというBOTでサーバー盛り上げるためのBOTなんですが、他のサーバーではレベルが高いと特典があるというような活用をしてます。

他にも翻訳やスパム対策など色々なBOTがあります。管理者の方は探してみてはいかが?
https://discha.net/bot/

Discordアプリケーションをダウンロード

クライアントはWindows、Mac、Android、iOS、Linuxに対応してます。
https://discordapp.com/download

公式ページが「Skype、TeamSpeakの時代は終わりを告げた…!」と煽ってるのも面白いですね。

関連リンク

公式サイト

ダウンロードページ

Twitter

ABOUT ME
フミ助
オモシロイこと・楽しいことに果敢にチャレンジする男。仮想通貨との出会いで人生のレールから羽ばたき、行く先は天国か地獄か不明。
Twitchでゲーム配信中!

積みゲーマーのボクはTwitchでゲーム配信してます!
よければフォローして見てくださいね!
https://www.twitch.tv/fumisuke_tabicoin

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。