節約法

消費増税に伴う最大5%ポイント還元のキャッシュレス決済制度を解説

消費税10%がいよいよすぐそこまで来ています。

ますます生きづらい世の中になるなと思わずにはいられません。

そんな中、経済産業省は対策の一つとして打ち出した補助金制度「キャッシュレス・ポイント還元事業」の対象店舗を発表しました。(■公式サイト

今回はこの制度全体の仕組みを解説していきたいと思います。

キャッシュレス・ポイント還元事業とは?

引用元:キャッシュレス・ポイント還元事業 消費者向け説明資料
https://cashless.go.jp/assets/doc/consumer_introduction.pdf

2019年10月1日~2020年6月末までの間、対象店舗で登録されたキャッシュレス決済をすることで、最大5% or 2%のポイント還元が受けられる制度です。

これは経済産業省、つまり政府主導で行われる消費増税への需要平準化施策(経済の振れのコントロール)です。

たかが5%、されど5%ですので貰える分には使ったほうがお得です。

キャッシュレス・ポイント還元事業の解説

還元対象となる店舗

引用元:キャッシュレス・ポイント還元事業 消費者向け説明資料
https://cashless.go.jp/assets/doc/consumer_introduction.pdf

還元対象となる店舗は決まっているため、どこでも還元されるわけではありません。

5%還元となるお店は中小・小規模の店舗であり、フランチャイズチェーン店などは2%還元となるようです。

Amazon・楽天市場・Yahoo!ショッピングなども対象ですが、あくまでECサイト上の中小店舗が対象となるようです。

なお、加盟店登録申請状況ということで使えるお店が3606ページに及ぶPDFファイルで公開されたことが話題となりました。

しかし、ちゃんとスマホ向け地図アプリやWEBサイトを通じて検索できるようになるとのことなので一安心ですね。

また下記マークの掲載があるお店なら還元対象であると分かります。

還元対象となるキャッシュレス決済サービス

引用元:キャッシュレス・ポイント還元事業 消費者向け説明資料
https://cashless.go.jp/assets/doc/consumer_introduction.pdf

還元対象となるキャッシュレス決済サービスは

  1. クレジットカード
  2. デビットカード
  3. 電子マネー(Suica等)
  4. QRコード(PayPay等)


の大きく4つに分類されます。

一例としてQRコードでは「LINE Pay、PayPay、Origami Pay、楽天ペイ」など最近の主要サービスは対応しています。

電子マネーでは「Suica、PASMO、ICOCA、nanaco、WAON」なども対応しています。

全て紹介するときりがないので、細かいところは公式サイトで確認して頂ければと思います。

実際に還元されるまでの手順

引用元:キャッシュレス・ポイント還元事業 消費者向け説明資料
https://cashless.go.jp/assets/doc/consumer_introduction.pdf

対象となるサービス・決済手段がわかったところで、実際にはどうやって還元されるのか?

各サービスごとに還元方法や上限設定などが異なるので、それぞれの決済手段の特設ページをチェックする必要があります。




還元方法には

  1. ポイント付与
  2. 即時充当
  3. 引落相殺
  4. 口座充当


の4つがあります。

要はすぐに還元されるか、ちょっと経ってから還元されるかの違いですね。

一例として既に還元方法の詳細が公開されていたCoGCaの場合には…

カード発行元加盟店で利用した場合、支払金額の5%が電子マネーCoGCaの残高に即時還元されるとのことです。

また1回で最大5万円の電子マネーCoGCa支払いに対し還元とのことで、還元の上限額は5万円×5%=2,500円分となるようです。


各キャッシュレス決済の解説

当ブログでは様々なキャッシュレス決済サービスを解説しています。

いざ使いたい時に準備ができていなかった、ということのないように今から備えておきましょう。

高還元ポイントとキャンペーンでお得!キャッシュレス決済アプリとクレジットカードまとめお得なキャッシュレス決済アプリとクレジットカードについてまとめました。この二つの利用はそれぞれに還元があるので、ダブルで利用することでダブル還元が受けられます。お得度最大を目指してキャッシュレスサービスを利用しましょう!...

特にPayPayやメルペイあたりはキャンペーンがお得なのでオススメです。

超お得なわけではないですが、積極的に使いたいところ

正直言ってこの「キャッシュレス・ポイント還元事業」自体はそこまでお得ではありません。

PayPayなどが10%、20%のポイント還元キャンペーンをやっていることを考えるとまあまあって感じでしょう。

しかし、ここに合わせて各社がキャンペーンを行ってくると話はまた違ってきます。

例えばPayPayで20%還元キャンペーンをやって、経済産業省の5%キャンペーンも貰えたらダブル還元を受けられます。

おそらくその辺は9月下旬にならないと判明しないと思いますが、このブログでも今後の情報を追いかけたいと思います。

頑張るフミ助に応援物資お待ちしております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)