ポイントサービス

イオンの電子マネーWAONカードとWAON POINTカードの違いを解説

イオンの発行するカードサービスには紫色のWAON POINTカード以外に、水色の電子マネーWAONカード、さらにクレジットカードのイオンカードがあります。

そしてポイントサービスもWAONポイント、電子マネーWAON、WAON POINT、ときめきポイントとあります。

この辺の仕組みに関して、かなり複雑難解で私自身も理解するのに苦心しました。

そんなわけで今回はイオンのWAONに関連する各カードのサービス内容と違いを解説していきます。

ポイントの違いに関しては別途「イオンのときめきポイント・WAONポイント・WAON POINTの違いを解説」という記事を書きましたのでそちらをご覧になってください。

イオンのときめきポイント・WAONポイント・WAON POINTの違いを解説イオングループの3つのポイントサービス「ときめきポイント」「WAONポイント」「WAON POINT」の違いを分かりやすく解説します。名称も似ていて複雑ですがお得な使い方をマスターしましょう!...

電子マネーWAONカードとWAON POINTカード

上記画像のようにイオンの発行する主要なカードサービスは3つあります。

  1. 電子マネーWAONカード
  2. WAON POINTカード
  3. イオンカード


の3つです。

イオンカードはクレジットカードとWAONが一緒になったものだとなんとなく分かります。

しかし電子マネーWAONカードとWAON POINTカードの2つの違いがイマイチ分かりにくいですよね。

どこから調べて理解すれば良いのかという感じですが、順番に一つ一つ解説していきます。


電子マネーWAONカードとWAON POINTカードの違い

利用目的が違う

水色の電子マネーWAONカードは電子決済用のカードです。ここに電子マネーをチャージすることで、お店で決済することができます。

一方で紫色のWAON POINTカードはあくまでポイントサービス用のカードです。チャージすることはできず、買い物時に提示することでポイントを貯めることができます。また貯まったポイントはお店の決済に使うこともできます。

一見して似ていますが電子マネーWAONカードは決済用、WAON POINTカードはポイントサービスの提示用です。

貯まるポイントが違う

それぞれ貯まるポイントの種類も異なります。

電子マネーWAONカードでは「WAONポイント」が貯まります。ポイントの詳細は上の方で紹介したポイントの違い記事を見て頂ければと思いますが、このWAONポイントはWAONカードに1ポイント=1円でチャージできるポイントです。

一方でWAON POINTカードでは「WAON POINT」が貯まります。WAON POINTは決済に1ポイント=1円で使うことができます。

ただし、WAONポイントに関してはイオングループではWAON POINTが貯まるように切り替わっており、今後はWAON POINTにシフトしていくのではないかと予測しています。

発行手数料が違う

大きな違いとして発行手数料の有無があります。

電子マネーWAONカードは発行手数料が300円かかってしまいます。

一方でWAON POINTカードはイオン系列のお店に行けば無料でもらえます。

ただし、一つだけWAONカードを無料で発行する方法があります。それはクレジットカードのイオンカードを発行して利用することです。イオンカードの発行手数料はもちろん無料ですがWAONの機能が付帯しているのです。

電子マネーWAONを利用するのであればイオンカードを利用したほうが還元率でも発行手数料でもお得です。

利用できるお店・加盟店が違う

電子マネーWAONカードは電子決済サービスですが、割と長く提供されているだけに加盟店は多いです。例えばコンビニなら「ミニストップ」「ファミリーマート」「ローソン」「ポプラ」「セイコーマート」といった具合に使えます。

一方でWAON POINTカードはポイントカードサービスであり、後発サービスでもあるので加盟店は少なめです。同じコンビニでも使えるのは現在はミニストップだけのようです。

同じような名称でも使えるお店が違うことに気をつけましょう。

イオンカードとの連携可否

WAON POINTカードはあくまでポイントサービスなのでチャージができません。

電子マネーWAONカードは現金やイオン銀行の口座からのチャージに加えて、イオングループのクレジットカードでチャージができます。

WAONカードで決済をするのであれば、クレジットカードでチャージをして還元率を高めるのが基本です。

お金の流れはイオンカードからWAONカードにチャージして、お店ではWAONカードで決済という流れになります。


WAONカードとWAON POINTカードは結局どっちがお得なの?

ここまでで二つのカードの違いは何となくわかったかと思います。

では結局のところどっちがお得なのか?

結論としては電子マネーWAONカードの方がお得です。WAONカードはsmartWAON登録による0.2%の上乗せがありますし、イオンカードセレクト等との二重還元も可能です。

まあポイントサービスと電子マネーサービスなので同列で比べるのもちょっと違う気もしますが…。

少しでもお得に使いたい人ならWAONカードを使うことをオススメします。

一番お得な組み合わせはイオンカードセレクト+WAONカード

では一番お得な組み合わせはどうなるのか?

それは上記の通りの組み合わせです。

還元率は

  1. イオンカードセレクトでオートチャージ:0.5%
  2. 電子マネーWAON決済:0.5%
  3. smartWAON登録:0.2%
  4. 合計:1.2%


となります。

今回でWAON関連ポイントサービスの違いがかなり分かったのではないでしょうか。

イオンカードではWAONへのオートチャージ設定で0.5%還元のついてくるイオンカードセレクトがオススメです。イオンカードの解説についてはこちらの記事を読んでください。

イオンなどでお得な「イオンカード」還元率やポイントの仕組みを解説イオンやマックスバリューで買い物をするなら毎月5%OFF、ときめきポイント1%還元などのあるイオンカードがお得です。カード概要から複雑なWAON、イオン銀行、ポイントの使いみちなどを解説します。...

ときめきポイント・WAONポイント・WAON POINTの違いについてはこちらの記事を読んでください。

イオンのときめきポイント・WAONポイント・WAON POINTの違いを解説イオングループの3つのポイントサービス「ときめきポイント」「WAONポイント」「WAON POINT」の違いを分かりやすく解説します。名称も似ていて複雑ですがお得な使い方をマスターしましょう!...
YouTube始めました!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)