ブログ制作

WordPressで独自ドメインサイト制作! サーバー・ドメインの準備編

前回は「WordPressで何がつくれる?企業やメディアのサイト例と機能解説」をお届けしました。

WordPressで何がつくれる?企業やメディアのサイト例と機能解説WordPressが実際に使われている企業やメディアのサイト例と主たる機能を紹介します。もしいまあなたに表現したいことがあればWordPressは間違いなく一番オススメのサービスです。...

なんとなくWordPressでつくれるサイト・できることが分かってきたかと思います。

今回はいよいよつくることを決意し、サイトを制作するためのサーバー・ドメインの準備を解説していきます。

※この記事ではレンタルサーバー・独自ドメインを前提に進めます

サイト構築に必要なもの

つくるのは良いけど何を準備すれば良いのか?それはサーバーとドメインですよ!と言ってもイマイチその概念が理解できないと思います。

そこで根本から理解するために一つずつ解説していきます。

レンタルサーバー

サーバーという言葉はよく聞きますが具体的に何を行っているかを説明できる人はそう多くはないと思います。

サーバーの役割とは「クライアント(閲覧者)からの要求に応じて、あなたの保存したWEBページのデータを提供すること」です。つまりこのリクエストに応えるためのサーバーがなければホームページを公開することができません。

もちろん自分でサーバーを立てればレンタルサーバーを借りる必要はありませんが、そのためには24時間365日サーバーを起動しつつトラブルが起きたらすぐに対応しなければなりません。

またWordPressが備え着いた無料のレンタルサーバーもありますが、プラグインが使えなかったり広告が表示されたりといったデメリットがあります。

独自ドメイン

独自ドメインを取得すると「.com」や「.net」などのカッコいいURLを使えます。このブログであれば「aftercrypto.fun」です。独自ドメインでない場合は「kabumatome.doorblog.jp」のように他にも多くの人が使うドメインを使わなくてはなりません。

独自ドメインの場合には初回に登録料金(1年分以上の利用料)がかかり、その分が終わると以降は更新料金が掛かります。


引用元:お名前.com「ドメインの種類と料金」
https://www.onamae.com/service/d-price/

しかし独自ドメインはお金がかかるし、ドメインパワー(ドメインに対する検索エンジンの評価)もゼロからというデメリットも有ります。

とはいえ独自ドメインはやっぱり憧れですし、あとから独自ドメインに変えるといろいろ面倒なので、もし変える可能性が少しでもあるのなら最初から使ったほうが良いと思います。

実際にやってみよう!

レンタルサーバーmixhost

mixhostの概要

ボクは実際にレンタルサーバーmixhostをメインで使っていますが、その上でオススメはやはりmixhostです。

今まで使っていて特に不便なく、かつてメインで使っていたさくらインターネットに比べてもUIが分かりやすいです。さくらインターネットも特にここが悪いというのはないですが、mixhostは単純に分かりやすくて使いやすいです。

mixhostの料金

大規模サイト構築するんだ!ということでなければ一番安いスタンダードからで問題ないでしょう。スペック不足を感じたら途中でのプラン変更も可能です。

初期費用は特にかかりません。

mixhostの管理画面イメージ

イメージ付きでかなり分かりやすい管理画面ですね。

電子メールアカウントの設定、WordPressの簡単インストールなどもここからできます。

mixhostの契約(無料お試しあり)

mixhostは10日間無料お試しが使えます。

10日間の無料期間でサーバーレンタル、独自ドメイン設定、WordPressインストール、編集が一通りできるので、実際に使いやすいか無料で試してみると良いでしょう。また自ら本契約を行わなければ勝手に課金されるということもないので良心的です。

mixhostの登録は下記リンクよりどうぞ。


アクセス後、「お申込み」か「10日間無料お試し」のリンクから登録を進められます。

一個注意すると10日間の無料期間が切れても少しの間は使える場合があります。しかしうっかり本契約(課金)を忘れてしまうと、ある日突然サーバーデータが全て消去され使えなくなります。

支払ってるつもりでうっかり支払ってなかったら書き溜めた記事は全て消えます。そんなバカいるわけないと思うじゃないですか?

ここにいたんですよ(白目)

mixhost無料お試しは本契約忘れによるデータ削除に注意mixhostには無料お試しという一定期間無料で使えるサーバーサービスがあります。しかし本契約を実施しないと自動でサーバーが削除されてしまうので要注意です。...

独自ドメインを「お名前.com」で取得

お名前.comの概要

お名前.comはGMOの提供するドメイン登録サービスです。GMOは老舗の大手だけあって安定していますが、Whois情報公開代行が申込時のみ有料だったりと強気な面もあります。

とはいえ今一番メジャーで大手な会社ですので長いものには巻かれていきたいと思います。

お名前.comの料金


引用元:お名前.com「ドメインの種類と料金」
https://www.onamae.com/service/d-price/

ドメインの種類は何百種類とあり、使いたいドメインにもよるので料金は一概には言えません。

ボクも何回も考えて検索し直してドメインをいくつもコレクションしてしまいました。

お名前.comでドメイン登録

ここではボクのオススメのドメイン検索方法を紹介します。

まずお名前.comにアクセスします。


アクセスしたら最初に目につく検索フォームではなく、一番下までページをスクロールしたところにある検索フォームで気になるドメインを検索しましょう。

検索するとドメインの使用可否が出てきますが、もっと多くのドメインで検索したいですよね。

次に検索ボタンの下の「ドメインを指定する」を押しましょう。

すると多くのドメインが出てきました。空き状況もお値段も様々ですのでいろいろ検索してみると良いでしょう。

お好みのドメインが決まったらチェックを入れて「料金確認へ進む」を押します。

ドメインを確認して登録年数を選び、右側の「初めてご利用の方」のメールアドレスとパスワードを入力して必要事項を入力して登録完了となります。

Whois情報公開代行は必ず申し込む

申込画面でも赤字で囲った「Whois情報公開代行」はとても重要です。

Whoisとは?
Whoisとはドメイン保持者の名前・住所等の情報を閲覧できる情報検索サービスです。ボクやみなさんが登録したドメインをそこで調べればわたし達の名前や住所が検索できるようになってしまうのです。

それじゃ困る!となりますよね。そこで使われるのがWhois情報公開代行なのです。

Whois情報公開代行とは?
Whoisでドメイン情報を検索した時に出てくる名前・住所等の情報がわたし達利用者のモノから、「お名前.com」の情報に代行して掲載してくれるサービスです。このおかげでプライバシーを気にせず記事を書くことができるようになります。

お名前.comにおけるWhois情報公開代行の申し込みにはいくつか注意があります。

  1. Whois情報公開代行はドメイン登録と同時申し込み時のみ無料
  2. もしドメイン登録時にうっかり申し込みを忘れた場合、なんと毎年代行費用980円が掛かってくるという恐ろしいことになります。後からサポートに土下座して「なんとかなりませんか(泣)」と言ってもなんともなりません(経験アリ)。そのため泣く泣くドメインを捨てたこともあります。

  3. .jpドメインはWhois情報公開代行対象外
  4. 魅力的な「.jpドメイン」ですが残念ながら氏名の部分は代行公開することができません。プライバシーを気にする場合は利用しないようにしましょう。


そんなわけで申込時にはちゃんと2回、3回とチェックしましょう。

ここまでで準備は完了!次は設定に移ります!

これでサーバーとドメインを準備することができました。

次回はいよいよドメイン設定とWordPressをインストールする方法を紹介します。そこまでやればもう独自ドメインのブログが編集可能となります!

思ったより簡単に思えませんか?ブログなんて簡単なんですよ(つくるだけなら)

頑張るフミ助に応援物資お待ちしております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)