WEBサービス・アプリ

有料会員サービス「YouTube Premium」の機能や料金の紹介

YouTubeから新サービス「YouTube Premium」が発表されました。

果たしてこの新サービスはどんなサービスなのか?使う価値があるのか?徹底的に調べました。

YouTube Premiumの機能


YouTube PremiumではYouTube関連サービスが快適に使えるようになるなります。

しかし調べてみると「意外に」と言ったら失礼ですがいろいろなサービスが対象となっていました。

YouTubeを広告なしでの再生

一番メインといっても過言ではない、広告なしでの再生ができるようになります。

画像のようにYouTubeでは多くの広告が挿入されますから煩わしい面もありますよね。

また挿入された広告だけでなくバナー広告、検索広告なども表示されなくなります。

YouTubeの動画をオフライン再生

動画・音楽をモバイル端末に保存してオフライン環境での再生が可能になります。

ただしオフライン視聴時にコメントや高評価の操作はできず、30日に1回アクセスしないと入れ直す必要がありそうです。

またオフライン環境への保存でもアカウントへのログインは必須なので、インターネット環境は必要そうです。

YouTubeの動画をバックグラウンド再生

YouTubeのアプリを使って動画を再生している時に、ホーム画面に戻ったり他のアプリを使う時には再生が止まってしまいます。

この時に動画をストップさせずに裏で再生し続けるのがバックグラウンド再生です。

これがどんな時に使うのか?といえば音楽やラジオの再生でしょう。他の操作をしながら音楽を聞くことが出来ます。

YouTube Music

地味にスゴイサービスの「YouTube Music」です。たくさんの邦楽・洋楽の人気曲が無料でストリーミング再生できます。無料でこれだけ再生できちゃっていいの?ていうラインナップです。

そんなYouTube Musicですが2018年11月14日からスタートしました。

有料サービスとしてYouTube Music Premium(月額980円/iOS版は月額1,280円)があるのですが、YouTube Premiumに加入すればMusic Premiumも付いてくるというお得仕様です。

Musicの楽曲・動画を広告なしで視聴、モバイル端末に保存してオフライン再生、バックグラウンド再生といったことができるようになります。

YouTube Originals

YouTube Originalsはオリジナルコンテンツの映像作品が見られる映像配信サービスです。多数のクリエイターによる動画が投稿されてますが、1話だけ無料のものもあったりします。

YouTube Premium会員になることでこのOriginalsにおいても追加料金なしで動画・映画が楽しめるようになります。

YouTube Kids

YouTube Kidsは小さいお子様がいる親御さんのためのアプリサービスです。

YouTubeは面白い動画がありますが、教育的に良くない動画も紛れていたりします。しかしこのアプリはお子様向けに特化した動画の再生や機能の制限を加えることができます。

YouTube Kidsにおいてもやはり広告なしのオフライン再生ができるようになります。

iOS版 YouTube Kids

Android版 YouTube Kids

YouTube Gaming

YouTube Gamingはゲーム動画プラットフォームのアプリ・・・ということなんですが、調べたところこのアプリは2019年3月で提供が終了するようです。

その後はYouTube本体に統合される形でゲーム動画(ライブ)プラットフォームは今までどおり利用できます。

で、こちらも短い期間にはなりそうですが広告なし、オフライン、バックグラウンド再生が利用できます。

Google Play ミュージック

YouTube Musicとは別にGoogle Playミュージックが存在します(ややこしい)

こちらは3500万曲がいつでも好きなだけ聴き放題になるという定額サービス(980円~/月)です。

YouTube Musicは基本無料に対してコチラは基本有料です。

そしてYouTube Premiumに加入することでこのGoogle Play ミュージックも追加料金なしで利用できるようになります。


YouTube Premiumの料金

そして気になるYouTube Premiumの月額料金ですが

パーソナル:1,180円(月額/3ヶ月無料トライアル
ファミリー:1,780円(月額/1ヶ月無料トライアル

となってます。

ファミリープランは6人で最大5人のファミリーメンバー(13歳以上)と有料メンバーシップを共有できます。つまり6人家族なら「1,180円×6人=7,080円」とするよりも1,780円で契約したほうがお得ということですね。

もちろんアカウントを使い分ければお互いの個人ライブラリ、登録チャンネルなどが共有される心配もありません。

YouTube Premiumをまとめると

ここまで見て分かるとおり加入すれば関連サービスが全部盛りで利用できる感じですね!

料金表を見てもらうとわかる通り、各サービスをそれぞれ課金して利用すると非効率的な課金になってしまいます。

YouTube Premiumだけ課金すれば全てのサービスに課金するのと同等に利用できるので、多数のサービスを使う人には便利で快適でしょう。

多数の分野をまたいで有料サービスを提供できるのはGoogleの強みですね。

頑張るフミ助に応援物資お待ちしております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)