クレジットカード

リクルートカードは1.2%還元!概要とお得なポイントの使い方を解説

クレジットカードを選ぶポイントとして欠かせないのが還元率です。

還元率は1%は欲しいところですが、今回ご紹介するリクルートカードはなんと1.2%です!

リクルートカードの基本スペックやリクルートグループで使用時の還元率、ポイントの使いみち等を紹介・解説します。

リクルートカードとは?

概要

リクルートカードは株式会社リクルートが発行するクレジットカードです。

なんといっても1.2%という高還元率と大企業リクルートグループの力を使った提携サービスのお得さが売りです。

美容室の予約サービスであるホットペッパービューティー、飲食店の予約サービスであるホットペッパーグルメ、全国のホテル・宿を予約できるじゃらんでも予約を利用すると2%は使っている人が多いかと思いますが、各サービスを使っている人ならダブルでポイントが貯まるので早く貯まりやすいです。

基本スペック

 
リクルートカード
入会費
無料
年会費
無料
ブランド
JCB・Visa・Mastercard
還元率
1.2%
電子マネーチャージ
ポイント対象(月間30,000円まで)
※サービスにより対象外の場合あり
ETCカード
新規発行手数料:無料(JCB)
新規発行手数料:1,000円
(税別:Mastercard/Visa)
年会費:無料
付帯保険
旅行損害保険
ショッピング保険

入会費・年会費はもちろん無料。

ブランドはJCB・Visa・Mastercardがありますが、ETCカードを利用する際には新規発行手数料が違うので注意です。

電子マネーへのチャージが月間30,000円までというのはデメリットの一つとしてありますね。

リクルートカードプラスは?

かつてリクルートのクレジットカードにはリクルートカードプラスというものもありました。

年会費2,000円かかるものの2.0%という高還元率でした。

しかし残念ながらこちらのカードは既に新規申し込みを停止しております。

さすがに2.0%という還元率はやりすぎだったのかもしれませんね…。


リクルートポイントの仕組み

1.2%の高還元率で貯まるリクルートポイント

多くのクレジットカードが還元率0.5%~1.0%であるなか、リクルートカード1.2%という高還元率です。

買い物や通販でカードを使うことでお得にポイントを貯めることができます。

1.2%という還元率はなかなかないですから、積極的に使っていきたいところですね。

リクルートグループのサービスでダブルでポイントが貯まる

リクルートグループは多くのジャンルでサービスを提供しており、リクルートカードを使うことでダブルでポイントがたまっていきます。

~ホットペッパービューティー~

美容室の予約サービスであるホットペッパービューティーを使った場合には、同サービスの還元率2%とリクルートカードの還元率1.2%で合計3.2%のポイントが還元されます。

~ホットペッパーグルメ~

飲食店の予約サービスであるホットペッパーグルメでは、事前にホットペッパー食事券を購入することで還元率2%、そしてリクルートカードの還元率1.2%で合計3.2%のポイントが還元されます。

~じゃらん~

全国のホテル・宿を予約できるじゃらんでも予約を利用すると2%、そしてリクルートカードの還元率1.2%で合計3.2%のポイントが還元されます。

ただし、これらのサイトで貯まる2%のポイントのうち1%は利用したサービスの限定ポイントという場合もあります。

例)1,000円をじゃらんで利用=Pontaポイント1%+じゃらん限定ポイント1%

もう一度同じサービスで使えるという点ではお得ですが、もっといろいろな用途で使いたいという場合にはちょっとデメリットです。

貯まったポイントの使いみち

リクルートカードを使うことで得られるリクルートポイントですが、具体的な使いみちとしては何があるのか。

まずはここまで紹介したとおり


の三大サービスが一番使いみちとしてニーズがあると思います。

この他に一番大きい使いみちはPontaポイントに交換することです。

交換レートは1リクルートポイント=1Pontaポイントです。

Pontaポイントは

  • 各リクルートグループサービス
  • ローソン
  • ルートインホテルズ
  • 大戸屋
  • ケンタッキーフライドチキン
  • ピザハット
  • AOKI
  • ゲオ
  • オリックス
  • レンタカー
  • 丸善ジュンク堂書店


など幅広い提携店で使えます。

換金性は低いもののPontaポイントへ交換可能なことから使いみちとしてはかなり幅広いと思います。

リクルートカードの登録・申し込み

登録・申し込みはリクルートカード公式サイトから可能です。

お得なキャンペーンをやっている時もあるので、お得に申し込みましょう。

リクルートカード

還元率は高いが使い分けは必須

リクルートカードの1.2%という還元率は高いだけにぜひ活用していきたいところです。

しかし電子マネーへのチャージは30,000円までといった制限もあるのでこれ一つで全てカバーできるかと言えばちょっと難しいところです。

それに例えばSuicaであればビックカメラSuicaカードからのチャージなら1.5%という還元率なので、リクルートカードを使うよりお得です。

このようにクレジットカードを使いこなすには一つのカードを盲信して使うのではなく、自分の使いみちやライフスタイルに合わせて使い分けることが重要です。

頑張るフミ助に応援物資お待ちしております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)