YouTube/YouTuber

YouTubeを始めるのは「もう遅い・儲からないのか問題」の正解

YouTubeを始めるのにはもう遅いのでしょうか?

もう今は儲からないんでしょうか?

そんな疑問を持つ人が後を絶ちません。

そんなことYouTube運営ですら分かるはずが無いだろうと思うんですが、今回はこの議論に終止符を打ちたいと思います。

YouTubeを始めるのはもう遅い・儲からない議論は不毛

今回のテーマを含め「◯◯を始めるのはもう遅い・儲からない」という議論はだいたいが不毛です。

もっともらしい理由をつけて推測することはいくらでもできますが、正確な答えは誰にも分かるわけがありません。

2016年~2017年頃、私はネットで知り合った外国人に「カメラで動画を撮るならYouTubeに投稿すると広告収入がアツいぞ!」とアドバイスを受けました。

しかし当時もかなりの盛り上がりを見せていたYouTube市場を見て私は「いやーもう流石に遅いだろう」と思って聞き流していました。

ところが現在でもその勢いは留まることなく、むしろ企業活動や過程内でも必須のエンターテイメントツールとなりました。

YouTuberという言葉は前以上に一般的になりもてはやされています。

いかに「もう遅い」が曖昧であてにならないかが分かります。

ブログ・アフィリエイトのもう遅いも参考にならない

よく「ブログなんてYouTube以上にもう遅い」という意見も目にします。

でも私個人のケースで言えば、約1年前から取り組んで今では毎月数万円は安定して収益が入ってくるようになりました。

たった数万円という人もいれば毎月数万円あったら嬉しいという人もいるでしょう。

私自身も毎月数万円という数字で満足はしておらず、次は毎月10万円を目標に頑張っています。

もちろん楽に稼げるかで言えば苦労はしますが、もう遅いなんてことはないと感じます。


「結果はやってみなければ分からない」が正解

つまり最終的な正解は「やってみなければ分からない」というのが正解です。

もっともらしく肯定否定もできますが、どうなるかは時代の流れだけでなく個人の資質も問われます。

また直接的にうまくいかなくてもその次の活動に活かせる場合もあります。

例えば私の場合もブログという活動を通じて継続することの大切さと強さを学びました。

その経験を活かして私はYouTubeへの動画投稿を今更始めようとしています。

YouTubeへの動画投稿始めます


ずっと文字と写真で伝えるブログでやってきましたが、音声と映像で伝えるYouTubeも面白そうだなと感じていました。

収益化にも興味があるので、まずは試してみるかということでチャレンジします。

善は急げということでアクションカメラを購入しました。

税込み48,000円くらいしましたが、d払いの20%+αの還元キャンペーンを使ったので実質38,000円くらいで買えました。

まあその他にアクセサリ等を10,000円くらいで買いましたが…。

何にせよこれで準備はほぼ整いました。

あとは問題は動画編集ですが、これは少しずつ覚えていこうと思います。

私のYouTubeチャンネルも既に開設しました。7月下旬から8月上旬にかけて投稿を開始するので、よかったら登録お願いします!

https://www.youtube.com/channel/UC7CqOFM4otbOHyq9u9cYJ8w/

日本全国を自由に渡り歩いて思うがままに撮影・投稿していきます!

まずは目指せチャンネル登録者数1,000人!

頑張るフミ助に応援物資お待ちしております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)