YouTube/YouTuber

YouTubeの収益化はいくら稼げる?収益を公開しているYouTuberの実態調査!

副業の一つとして今アツいとよく言われるのがYouTube・YouTuberです。

YouTubeのような動画コンテンツはGoogleも推していますし、収益化プログラムも基準が厳しくなっただけに稼げる人はより稼げるようになりそうです。

そんな中、やはり一番の疑問なのが「ぶっちゃけいくら稼げるのか?」ということです。

この数字については0.1円だという声があれば、それはトップレベルの人でそんなに稼げないという声もあります。

そこで今回はいろいろなYouTuberを探して収益化によってどれくらい稼げるのかを調査してみました。そしてその結果を分析することで、効率的に収益を得るための方法もなんとなく見えてきました。

YouTubeの収益化の仕組み

YouTubeで収入を得るにはまずYouTubeパートナープログラムの審査に通らなくてはいけません。

この審査に通って動画内で広告が付いてから、再生されたりクリックされると収益が発生します。

よくYouTubeの動画を見ていて広告が途中で再生されるかと思いますが、そういった広告が収益となっています。

YouTubeパートナープログラムの詳細については以下の記事を見てください。

YouTube収益化の条件が変わった!YouTubeパートナープログラムの審査基準を解説YouTube収益化の条件が2018年から大きく変わりました!これまでは総再生数さえ頑張れば収益化の審査に進めましたが、今度の条件はちょっと今までのやり方では難しくなりました。...

YouTuberの収益化・稼げる金額調査

YouTubeの収益化の基準はここ1,2年で大きく変化しており、広告の貼り方も人によって異なるためこれが正しいという数字を出すことはできません。

そのためここではなるべく最近で公表しているYouTuberさんの収益を調査しました。

YouTuber・元芸人のヒロシさんのヒロシちゃんねる 月収80万円


【概要】
元芸人で現在はYouTuberとして活動するヒロシさんの「ヒロシちゃんねる」はキャンプ動画として独特の雰囲気があります。

【チャンネル登録者数】
約29万人

【だいたいの平均再生数】
10万~50万再生/1投稿

【収益】
80万円/月

インタビューと書籍「働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける」にてYouTubeの広告だけで月収80万円あったことを明かしています。

【分析】
それぞれの投稿動画がコンスタントに再生されていることに加えて、BGMのように長く再生されていることで再生数あたりの単価が高そうです。

【関連情報】

どのようにしてヒロシさんがYouTubeで収入を得られるようになったか、またなぜ芸能界から身を引いたのかなどが語られています。

このブログでもたびたび紹介していますが「好きなことだけでして生きていける働き方1.9」というのはYouTuberになりたい人にも読む価値がありますよ。

YouTuber・芸人ヒロシの著書「働き方1.9 君も好きなことだけして生きていける」は仕事と人生を変える絶対に読むべき一冊みなさんはお笑い芸人のヒロシさんは好きでしょうか? 私は失礼ながらヒロシさん全盛期はそこまでファンでもなかったんですが最近ヒロシさ...

さんごくライブラリーさん 1年半で19万円


【概要】
ゲーム「セブンナイツ」の動画投稿をしていたチャンネルとのことで、生放送を含むと約1年7ヶ月で226本(生放送を含む)を投稿していたとのこと。コツコツ型の良いモデルですね。

しかし現在は残念ながら引退されたとのことです。

【チャンネル登録者数】
非表示

【だいたいの平均再生数】
2000再生/1投稿

【収益】
約19万円(累計)
0.3円/1再生

【分析】
生放送と合わせてファンをつくるのは良さそうですね。本人の分析記事でも語られてますが、動画時間がないことで広告単価が上がっているのではないかと振り返っています。

GLAMAGA CHANNELさん 半年で月5万円達成


【概要】
約半年で収益化プログラムに登録された方で、投稿内容はいろいろな製品のレビュー動画でした。かなりのハイペースでアップロードされており、このバイタリティは重要だと実感させられます。

【チャンネル登録者数】
6099人

【だいたいの平均再生数】
数千~数万/1投稿(かなりバラつきあり)

【収益】
収益化後、一月目の数字で
5万円/31万回再生

ということで再生単価は約0.16円だったようです。この収益の公開時はチャンネル登録者数が現在の半分程度だったので、今はもっと伸びていそうですね。

【分析】
ブログもそうですが毎日コンスタントに投稿していると、ついつい見たくなってしまいます。「レビュー動画なんてもう遅い」とよく言われますが、需要のあるものをコンスタントに投稿し続ければまだまだ上昇は狙えそうです。

富山県最強ジャグリスト【エダジマ】さん 年間150万も広告の問題点を語る


【概要】
パチスロ関連の動画を投稿している江田島さんが2017年のYouTube収入の額と問題点について語りました。

最近は動画投稿してバズっても広告審査があって広告がすぐに付くとは限らないので、24時間広告が表示されない場合があると語っています。その場合は20万再生達成でも審査後の5万再生分しか広告収益が得られないこともあるということです。

そんな江田島さんの2017年の収益は…?

【チャンネル登録者数】
2.1万人

【だいたいの平均再生数】
数万/1投稿(バラつきあり)

【収益】
2017年は150万円いったかいかないか

【分析】
この動画ではジャンルの大切さについて語られています。パチスロ動画では20万再生でも数千円しかなかったのに、飯動画を投稿しているチャンネルでは1再生0.1円なんてレベルじゃない収益が入ってきているとのこと…。

これはとても有益な情報ではないでしょうか。

シバターさん 約8,000万円


【概要】
パチスロ、料理、トークなどいろいろなジャンルで投稿している炎上系YouTuberです。2018年稼いだ金額をリアルに発表しますということで本当にかなりリアルに発表していました。

そんなシバターさんの収入は…?

【チャンネル登録者数】
メインチャンネル:92万人
パチスロチャンネル:18万人

【だいたいの平均再生数】
数十万/1投稿

【収益】

  1. YouTubeメインチャンネル:約20万ドル(2,200万円)
  2. YouTubeパチスロチャンネル:約25万ドル(2,750万円)
  3. YouTubeパチスロ来店オファー:約2,750万円(1本20万~30万円×約110本)
  4. 合計:約8,000万円



【分析】
10分以上の長い動画で広告をたくさん挟むことが収益化のコツだと言っています。

シバターさんのパチスロチャンネルはメインチャンネルより登録者数が70万人近く少ないのに、動画が長いため広告再生数が多くなる傾向にあると言っています。またジャンルで単価が違うこともあり、1再生あたりの単価は単純には割り出せないとのことでした。

エダジマさんとかなり真逆の結果となりましたが、このへんは撮影のスタイルや広告審査の違いもあると思われるので、一概に比較できるものでもないかもしれません。


公開されている収益の分析結果

単価は意外に0.1円を超えている

江田島さんのケースは例外として、今回紹介したチャンネルではいずれも再生単価は少なくとも0.1円を超えてそうです。

上位のYouTuberの方が単価が高い傾向にはありそうですが、だから最初は0.05円しか単価がない…というわけでもなさそうですね。

ブロガー視点で見ると中身はAdsense広告なのでやはり高単価が出せるジャンルを選ぶことで単価は上がるのではないかと推測されます。

コツコツ・投稿頻度が大事

メチャメチャ面白いとか知名度を活かすとか飛び抜けた特徴を持ち合わせていない時には、やはり投稿頻度が武器になりそうです。

あのヒカキン氏もつい最近までは毎日動画を投稿するというストイックさでした。

ブログも動画も連ドラも毎日やっていたらついつい見てしまいますし習慣づきます。

ジャンルによって稼げる金額が大きく変わってくる

江田島さんはパチスロ関係の動画は広告審査が入ってなかなか稼げない一方で、飯動画はすぐに広告がついて単価も高いという事を言っていました。

これからは「この動画にどういった広告主が付くのか」ということを想定しなければ、再生単価が落ちてしまうのかもしれません。

特にギャンブル関係、アダルト関係、芸能ゴシップ関係はYouTubeの考える理想的なコンテンツとイメージが違いそうですから、今後さらに締め付けが入るかもしれませんね。

最低10分以上の長さにする

シバターさんは動画の時間を長くすることで広告を多く入れることができるので収益が上がると言っていました。

実際に10分以上の動画を見てみると広告が一定間隔で表示されていることが分かります。

しかし時間だけ長くしても面白くない動画であれば視聴者はすぐに離脱してしまうので、最後まで視聴者を飽きさせないつくりが大切です。

最終的にはYouTubeのさじ加減ひとつ

ここまで読んで最終的にはYouTubeのさじ加減ひとつで収益が大きく変わることがわかったと思います。

今回紹介はしなかった人でも、お小遣い程度は稼げていたのに新しい審査基準で収益化対象から外されたという人もいました。

現在は近道や裏技を考えるのではなく、正攻法でコツコツと積み重ねていくことが長い目で見て収益化の一番の近道になりそうです。

いくら稼げるか皮算用より実行することが大事

このブログを見ているということは「YouTubeで動画投稿して稼ごうかな」と検討している人が多いと思います。

しかし多分多くの人が「やっぱり大変そうだからやめよう」とか「もっと稼げないの?」と決断を後回しにして情報を探し回る日々になって、最後は「今からじゃもう遅い」などと結局うやむやになって行動せずに終わってしまいがちです。
(かく言う私も今はブログにかかりっきりでYouTubeでは全く活動していないの偉そうには言えませんが)

ですがYouTuberという言葉は2011年~2013年頃にはすでに存在していて、今成功している人はその頃から先んじて取り組んでいたからこそ今があります。その当時も話題になったものの「どうせすぐ終わる」「今だけで長続きしない」といった声がありました。

しかし2019年になろうとしている今になり、むしろより注目を浴びています。

ブロガーも同じで「もう遅い」と言われている昨今ですがつい半年前に始めた私でも着実に収益が増えています。

何が言いたいかと言うと「考えてばかりで行動しない人はずっと行動しないまま終わってしまう」ということであり「お金がかからないことであれば何でもチャレンジしたほうが良い」ということです。

なお最近は怪しげな情報商材で「YouTubeで簡単に稼げる方法」と題して売られていたりするようですが、こういった類のモノには手を出さず、自分の頭でコツコツとスキルを磨いて稼ぐことをオススメします。

そういった情報商材はそもそも眉唾な話ですし、仮に今使えてもその方法が使えなくなった時には自分の力で新たに開拓するスキルが身に付いていませんのでオススメしません。

頑張るフミ助に応援物資お待ちしております!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)